晴れの日Diary

好きなことは旅と絵を描くことと猫!

湯河原・小田原③小田原城、小田原漁港

 

今度は湯河原を離れ電車で数十分、小田原へ行きます。

 

小田原には観光地も多くあり湯河原より人が多い印象。

さてさて小田原城を目指します。

駅から徒歩10分くらい。

 

私は横の本丸広場の方から入りましたが

ぐるっとまわるとゲートから入ることもできるみたい!

お殿様の正規ルートを通りたい方は馬出門→赤銅門→常盤木門をくぐるルートからどうぞ。

 

階段を登り

常盤木門をくぐり、また階段を上ると大きな広場にでます。

見上げるとそびえ立つ小田原城

 

f:id:haris-80:20160816220923j:image

 

広場にはお土産やさんやお茶屋さんもあり賑わっています。

早速お城への階段を登ります。

(階段が多い!)

 

お城の入り口に券が売られている。

大人500円 小人200円

(運がいいと小田原駅観光協会で割引券をもらえるかも!)

 

小田原城は1960年に復興され

2015-2016年に大改修されたのことで

一階から四階までシアターや展示ギャラリーが入っています。

このギャラリーがなかなか詳しく、歴史展示物も豊富。日本史にはあまり詳しくない私もついついじっくりみてしまい最上階に上がるまで1時間半くらいもかけてしまいました。

 

 

最上階には当時も飾られていたという武士の守護神の「 摩利支天像」が安置されていました。

 

 

その先は外につながり、お城の最上階から外を眺めることができます。

f:id:haris-80:20160816223629j:image

相模湾江ノ島小田原市内、すべて一望できる。

ところで、小田原城の近くに建ったとされる石垣山一夜城を知っていますか??

答えは小田原城でじっくり学んで、展望台からその跡地を見ることができます。笑

 

一夜城があったほうを天守閣から眺めるとお殿様の見ていた同じ景色を見ているよう。

 

感慨深いなァ。

 

帰りは正規ルートを通って出ます。

1つ1つの門、壁、階段、広場。

展示ギャラリーをしっかり見た私にとってその全てから小田原城とともに生きていた人の様子が蘇ってくるよう。

 

そのあとは小田原漁港へ向かいます。

歩くと少しかかるので小田原城園内からレンタルサイクルして15分で??

 

f:id:haris-80:20160816224415j:image

漁港エリアの人出の少ないところへ回ると

海と川がつながる入江に行ける。

階段を降りると浜辺に着いた。

 

f:id:haris-80:20160816224546j:image

 

海鳥と浜辺のコントラストがなんとも。

人は少ないが海水浴をする人も少しいた。

静かで穴場的な浜辺。

 

 

f:id:haris-80:20160816224705j:image

 

風景も綺麗だけど

腹が減っては戦はできぬ。

街の中へ入ってさっそく海鮮丼探しに行こう!

 

入り口付近に小さな市場があり

その奥へ進むと海鮮のお店が。

手書きのメニューやお店の外観がなんとも味がある。券を買って注文するタイプだ。

定食や丼ぶりのメニューが豊富に並ぶ。

 

海鮮定食を頼む。1500円

定食にはアジフライか干物かホタテがサービスでついてくるらしい。

 

ホタテを頼む。

 

すぐに一人一つガスコンロと網に乗っけたホタテが運ばれてくる。

その場で焼くタイプ!予想外!

めちゃくちゃおいしそう!

 

f:id:haris-80:20160816224814j:image

 

 ホタテが焼けるのを待っているといいころに海鮮定食も運ばれてきた。

海鮮丼とお味噌汁とお漬物。

f:id:haris-80:20160816225258j:image

 

早速アツアツのホタテからいただく。

プリプリのホタテの身はスープを吸い込んで深みのあるお味。

予想通りのおいしさ。いや、予想以上?

 

続いては海鮮丼。

いくら、シメサバ、マグロ、甘海老、etc

豊富に何種類も盛られた海鮮

ご飯がすすむ。

 

お味噌汁もワカメがたくさん入っていて美味しい。お漬物もあっさり食べられた。

 

あっという間に全部食べた。

これは東京で1500円では食べられない。

 

大 満 足!

海の幸。ごちそうさまです。

 

路地ではオッドアイの白猫ちゃんにも会えた。

f:id:haris-80:20160816230220j:image

きっと大好きなお魚たくさん食べられるんだろうな〜幸せな猫ちゃんだ^^

 

 

 

 

かえりの時間もあるので今回はこれにて終了。

 

自然と伝統文化に富んだ街、湯河原・小田原。

箱根や熱海もいいですが

たまにはぶらっとこちらの方へ寄るのもいいのでは?